ベニバナの赤色色素生成の謎を解明

2021年08月24日


~ベニバナの赤色色素カルタミンの合成酵素を同定、最適な栽培環境確立へ


東洋インキSCホールディングス株式会社(代表取締役社長 髙島 悟、東京都中央区)とトーヨーケム株式会社(代表取締役社長 町田 敏則、東京都中央区)は、東北大学大学院工学研究科バイオ工学専攻応用生命化学講座の研究グループ(和氣 駿之 助教ら)、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(青木 裕一 助教)との共同研究により、ベニバナの赤色色素カルタミンの生合成の最終段階を司る酵素(カルタミン合成酵素)の遺伝子を同定しました。



詳細は本社ニュースリリースを御覧下さい。

https://schd.toyoinkgroup.com/ja/news/2021/21082401.html