グラビア・フレキソインキおよびラミネート接着剤の価格改定について

2022年6月20

ニュース

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 柳 正人、東京都中央区)はグラビア・フレキソインキおよびラミネート接着剤について、2022年7月1日出荷分より、価格改定することを決定いたしました。

2021年12 月に価格改定を表明、実施をしましたが、その後も想定を大幅に上回る形で石化原料の需給バランスは逼迫を続け、また世界的規模でエネルギー資源の高騰が加速しインフレ圧力が高まることで、調達から製造プロセスに至るまで様々な工程のコストを圧迫しています。これにより当社グラビア・フレキソインキおよびラミネート接着剤の主原料である顔料、樹脂、溶剤などの価格はさらなる上昇を続けております。加えて、地政学的リスクの顕在化により、グローバルサプライチェーンにおける輸送費、ユーティリティ、容器等副資材の価格も引き続き上昇しています。 当社は、グローバル調達の推進による原料仕入先の見直しや一層の生産効率化など、あらゆる面でのコスト削減施策に取り組んでまいりました。しかしながら、自助努力で吸収できる範囲を大幅に超えているとの判断に至り、下記の通り価格改定の実施を決定いたしました。

今後、より一層の内部努力と共に、お客様へのサービス向上に努めてまいります。



詳細は本社ニュースリリースを御覧下さい。

https://schd.toyoinkgroup.com//ja/news/2022/22062001.html

以上


22062001
.pdf
Download PDF • 282KB