グラビア・フレキソインキおよびラミネート接着剤の価格改定について

2021年05月14日

ニュース

東洋インキ株式会社(代表取締役社長 柳 正人、東京都中央区)はグラビア・フレキソインキ製品およびラミネート接着剤製品について、2021年6月1日出荷分より、価格改定することを決定いたしました。


中国を皮切りとした経済活動の回復による各種素原料の需給バランスの崩れ、原料製造元の事故等による操業停止及び供給制限、継続的な環境対策費用の増加等を背景に、当社グラビア・フレキソインキ及びラミネート接着剤の主原料である顔料、樹脂、溶剤などの価格は大幅に上昇しております。原料価格の高騰に加えて、輸送費・ユーティリティコスト、容器等副資材価格の上昇も継続しております。


当社は、グローバル調達の推進による原料仕入先の見直しや一層の生産効率化など、あらゆる面でのコスト削減施策に取り組んでまいりました。 しかしながら、自助努力で吸収できる範囲を大幅に超えているとの判断に至り、下記の通り価格改定の実施を決定いたしました。


以上